10年前に購入した資格取得用教材で電話がかかる

文字の大きさ

本文へ

和歌山県消費生活センター消費生活相談相談事例いろいろ教育サービス電話勧誘販売 > 10年前に購入した資格取得用教材で電話がかかる

 電話勧誘販売|教育サービス 相談事例

Q

10年前に購入した資格取得用教材で電話がかかる ( 30歳代 ・ 男性 )

  10年前に資格取得用教材を購入した。  支払いはすでに済んでいるのに、最近、「教材の契約は終了しているが、通信教育はまだ続いている」と何度も職場に電話がかかってきて困っている。かかってくる業者に、所在地や電話番号を聞いても、返事をしてくれない。  このままでは職場にも迷惑がかかるし、どう対処すればよいか。

A

 以前の契約は終了しているのに、「受講義務がある」「生涯教育なのでやめられない」などのセールストークで勧誘される、これはいわゆる二次被害といいます。大半は偽りで、新しく契約させるのが本当の目的です。

 今後は、電話で勧誘されても、長く相手の話を聞かず、必要がないのであればきっぱりと断ることです。


 資格を取ろうと考えるときは、専門学校の資料や書店などで売っている教材などを参考に、比較検討してみることや、資格認定団体などに、受験資格や合格率などを確認することも大切です。

・電話勧誘販売は、事業者からかけた電話で、または消費者にかけさせた電話で勧誘し、申込みまたは契約させる販売方法で、「契約書」や「クレジット申込書を速やかに送付する義務があり、書面到着日を含む8日以内であればクーリング・オフできます。

・断っているのに再び勧誘することは、法律で禁止されています。執拗なときはテープに録音するなどしておきましょう。

電話勧誘販売の最新相談事例

和歌山県消費生活センター

TEL. 073-433-1551

平日 9:00~17:00/土日曜 10:00~16:00

和歌山県消費生活センター 紀南支所

TEL. 0739-24-0999

平日 9:00~17:00
消費者問題は、お気軽に消費生活センターまでお電話ください!