携帯電話の「ワン切り」があったが...

文字の大きさ

本文へ

和歌山県消費生活センター消費生活相談相談事例いろいろ通信(電話等)通信販売 > 携帯電話の「ワン切り」があったが...

 通信販売|通信(電話等) 相談事例

Q

携帯電話の「ワン切り」があったが... ( 20歳代 ・ 女性 )

  携帯電話の着信履歴に残された電話番号に電話をかけ直すと、自動音声でアダルト関連の案内テープが流れてきました。友達に聞くと、後で法外な料金が請求されると言われましたが、大丈夫でしょうか?

A

 「自分の携帯電話に見覚えのない番号の着信履歴が残っていたので、その番号に電話をかけ直すと、アダルト番組やツーショットダイヤル、出会い系サイトの広告等だった」という、いわゆる「ワン切り」という迷惑電話が、平成13年秋口以降に多く発生し、和歌山県消費生活センターにも170件(平成13年度)の相談が寄せられました。

 これは、「着信履歴に残された番号にかけ直すだけで、携帯の通話料とは別に10万円の請求がくる」といった必ずしも正確ではない情報が、電子メール等で広く流通していたことにも原因があったようです。

 このような場合、案内テープを聴き、音声ガイドに従って、プッシュボタンで電話番号やクレジットカード番号を登録するなどして申込みを行うと、有料サービスに入ることになりますが、電話をかけ直しただけでは料金の請求は発生しません。利用した覚えがなければ、利用料の支払い義務は生じないのです。

 最近では、「携帯電話の着信履歴に残っていた見覚えのない番号にかけ直すとコンピューターに記録が残り、その後業者から電話がかかってきて氏名や住所を聞き出され、脅迫めいた電話で高額な料金が請求される」という事例も発生していますので、

 1. 知らない着信記録にはかけ直さない、
 2. 電子メールの転送はしない、
 3. 業者から連絡が来ても氏名や住所は教えない、
ことが重要です。

 もし、「ワン切り」がもとで請求を受けることがあったら、消費生活センターに電話でご相談下さい。

通信販売の最新相談事例

和歌山県消費生活センター

TEL. 073-433-1551

平日 9:00~17:00/土日曜 10:00~16:00

和歌山県消費生活センター 紀南支所

TEL. 0739-24-0999

平日 9:00~17:00
消費者問題は、お気軽に消費生活センターまでお電話ください!