家具やテレビの転倒に気を付けましょう! ―下敷きになった子どもが死亡する事故も―

文字の大きさ

本文へ

和歌山県消費生活センター注意喚起情報 > 家具やテレビの転倒に気を付けましょう! ―下敷きになった子どもが死亡する事故も―

 注意喚起情報

RSS

2017.11.14

家具やテレビの転倒に気を付けましょう! ―下敷きになった子どもが死亡する事故も―

 衣服や本などを収納するタンス、棚などの家具やテレビ(以下「家具等」といいます。)が子どもの体の上に倒れてきて、子どもが下敷きになるなどの事故が発生しています。これらの事故は、場合によっては、死に至ることもあります。

 家具等の設置について、以下の点に御注意の上、今一度、御家庭の状況を見直してみましょう。

(1)家具やテレビは固定して使用しましょう。

(2)家具の引き出しには鍵やストッパーなどを付けましょう。

(3)玩具など子どもの興味をひくものを家具の上に置かないようにしましょう。

具体的な事故事例等、詳細な資料が消費者庁ホームページにございますので、ご覧下さい。

http://www.caa.go.jp/

http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/pdf/consumer_safety_release_171110_0001.pdf

和歌山県消費生活センター

TEL. 073-433-1551

平日 9:00~17:00/土日曜 10:00~16:00

和歌山県消費生活センター 紀南支所

TEL. 0739-24-0999

平日 9:00~17:00
消費者問題は、お気軽に消費生活センターまでお電話ください!