ネットオークションで落札したデジカメが届かない

文字の大きさ

本文へ

和歌山県消費生活センター消費生活相談相談事例いろいろ教養娯楽品通信販売 > ネットオークションで落札したデジカメが届かない

 通信販売|教養娯楽品 相談事例

Q

ネットオークションで落札したデジカメが届かない ( 20歳代 ・ 男性 )

  三週間前、ネットオークションでデジタルカメラを落札した。指示どおり5万円を先方の口座へ振り込んだが商品が届かないので問合せたところ、商品は送れなくなったので返金すると言われた。  しかし、いつまで待っても返金はされず、今では連絡もとれなくなってしまった。

A

 いつでも、どこからでも、誰でも参加できるネットオークションの利用者数が増えているとともに、そのトラブルも増えています。この事例の他にも、「壊れていた」「新品同様のはずがキズだらけだった」「部品が足りない」「連絡がつかない」などの苦情が発生しています。
 相手が事業者であれば、特定商取引法(旧訪問販売法)の規制を受けますが、個人間売買にはこの規制がないことや匿名性が高いことから解決が困難になるケースが多くなっています。相手の所在地がわかれば書面で意思表示をしたり、法的手続きも可能になりますが、初めから商品が存在しない場合には、詐欺的要素が強くなり、警察へ相談することとなります。

 オークション運営者は単に場所を提供しているだけで、トラブルには関与しないとの立場をとりますが、こうしたトラブルを防ぐために、オークション参加への登録を有料化したり、本人確認のためにクレジットカード払いを条件にしたり、補償制度を設けているところがみられるようになってきています。この他に代金の支払いや商品の引き渡しを当事者に代わって、第三者が行うエスクローサービスを設けているところも登場してきていますが、トラブルが一掃できる訳ではありません。

 インターネットオークションを利用する場合は、信用できるサイトを選ぶことが基本ですが、商品の掲載ページ、相手の住所、氏名、TELなどを確認するとともに印刷しておき、代金の前払いはしないなどの自己防衛が重要です。

通信販売の最新相談事例

和歌山県消費生活センター

TEL. 073-433-1551

平日 9:00~17:00/土日曜 10:00~16:00

和歌山県消費生活センター 紀南支所

TEL. 0739-24-0999

平日 9:00~17:00
消費者問題は、お気軽に消費生活センターまでお電話ください!