説明と違った家庭教師派遣と教材

文字の大きさ

本文へ

和歌山県消費生活センター消費生活相談相談事例いろいろ教育サービス特定継続的役務提供 > 説明と違った家庭教師派遣と教材

 特定継続的役務提供|教育サービス 相談事例

Q

説明と違った家庭教師派遣と教材 ( 40歳代 ・ 女性 )

  ちょうど家庭教師をつけたいと考えていた時に、無料体験の電話が自宅にあり応諾した。  無料体験の後、志望校をめざしてがんばるという子供に切望され、担当者の言われるままに家庭教師(1ヶ月16,800円)教材(684,000円)の契約をした。  しかし、成績は思うように伸びず子供もやる気をなくしたため解約を申し出たが、家庭教師はやめられるが教材は引き取れないと言われた。未使用の教材だけでも返品したい。

A

 勉強のできる子にしたい、成績をのばしたいと思う親心はいつの時代でも変わりませんが、トラブルもあいも変わらず多いのが現状です。この事例の他にも「契約時に説明がなかった」「家庭教師の交代がスムーズに対応されない」「解約料が高すぎる」「未使用の教材が多く残った」などの苦情が発生しています。

 家庭教師派遣のような長期にわたるサービス契約は、受けてみないと詳しい内容がわからないためトラブルが起こりがちです。そこで、平成11年4月に「家庭教師」「エステティックサロン」「外国語会話教室」「学習塾」の4業種において契約期間が2ヶ月超(エステは1ヶ月超)、かつ契約金額が5万円を超える契約について旧訪問販売法の改正(同年10月22日から施行)がされました。

 主な改正点は、消費者が店舗に出向いて契約した場合も含め、契約内容に関する一定事項を記載した書面交付の義務づけるとともに、8日間はクーリング・オフができるだけでなく、それ以降も理由の如何を問わず中途解約ができるというものです。サービスの提供を受けるために必要だと言われて契約した関連商品についても同様となります。

 本事例のケースは、教材は関連商品のため未使用分の返品ができましたが、関連商品以外の解約は難しいため、契約時には教材の内容確認など慎重な対応が必要となることは言うまでもありません。

特定継続的役務提供の最新相談事例

和歌山県消費生活センター 相談ダイヤル

電話番号: 073-433-1551

平日 9:00~17:00/土日曜 10:00~16:00

当センター紀南支所 相談ダイヤル

電話番号: 0739-24-0999

平日 9:00~17:00
消費者問題は、お気軽に消費生活センターまでお電話ください。